病院で検査をしても、むくみの原因が見つからない。そんな時はここをチェック。

全身のむくみが気になる。

病院でみてもらったけれど、特に問題がなかった。

そんな時、チェックしたい部分についてお話ししますね。

 

目次

鎖骨の上側

 

鎖骨の上部分は、リンパの最終地点があります。

図の赤丸部部分ですね。

身体中から集まったリンパは、内頚静脈と鎖骨下静脈が合流する「静脈角」という部分から、静脈に流れ込み心臓に戻っていきます。

 

 

全身のリンパは、どこからどこに流れるのか?

 

赤い線の部分で、左右どちらの静脈角に流れるのか分かれます。

右上半身は、右の静脈角へ。

左上半身と両下半身は、左の静脈角へ流れます。

 

 

左側の鎖骨上がぽってりしていると、左の上半身・両下半身がむくみやすくなります。

特に左右の腕を比べ、左側の方がむくみやすいと感じるのであれば、左の静脈角への流れがうまくいっていないと考えられます。

 

実際に見るとこのような感じ

 

こちらの女性は、全身のむくみっぽさが気になっていました。

病院で検査してもらうも、特に問題なし。

事務仕事で肩こりがひどく、特に左の筋肉の張りが強かったです。

鎖骨上のくぼみも、左側の方がわかりにくい。

よく聞くと、腕のむくみは左の方が強く感じる、とのことでした。

左の静脈角部分での流れが悪そうですね。

 

 

施術の注意点

 

この場合、脚や腕がむくんでいるからといって、むくんでいる部分にアプローチしても変化は薄いです。

まず、首回りの筋肉を緩めます。

正常な筋ポンプの働きが戻るだけで、リンパの流れがよくなる場合もあります。

その後、首回りからドレナージを行っていくと、すっきりしていきます。

 

まとめ:ハッキリした原因がないときは、鎖骨部分をチェック

 

病院で調べても、原因がみつからないむくみ。

そんなときは、鎖骨部分をチェックしてみましょう。

もしそこがネックになっているのであれば、首回りのアプローチをするだけで、むくみが軽くなることもありますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

牧原 広実のアバター 牧原 広実 理学療法士、リンパ浮腫保険診療士

愛知県蒲郡市出身。
理学療法士20年目。
リンパ浮腫の患者さんとの出会いをきっかけに、むくみの勉強を始める。
むくみ専門クリニック、弾性着衣メーカーの勤務経験あり。むくみや慢性的な痛みのアプローチが得意。

コメント

コメントする

目次
閉じる