むくまないようにするための、大切な2つの力

体の中には、体重の60%の水分があります。

そのなかの1/3は細胞外液、2/3は細胞内に存在しています。

細胞外液の水分のうち、80%は間質液(組織液)、20%は血管やリンパ管の中にある、血しょう成分、リンパ液となります。

この辺りは、生物でも習ったと思うので、なんとなく聞いた記憶があるかもしれませんね。

 

では、むくみとはなにか?

むくみとは血液中の水分が血管外に染み出して、皮下に溜まっていることをいいます。

靴下の跡がついたり、指でグッと押したときに跡がついたりすれば、むくみがあると判断できます。

 

なぜむくむのか?

心臓や肝臓、腎臓が悪い、栄養状態が悪い、手術後、静脈性、薬剤性・・・などなど、原因はいろいろあるのですが、今回はそのような原因は横にそっとおいておきましょう。

 

基本的なむくみのメカニズムをご紹介します。

大切なのは2つの力。

 

① 心臓が静脈血を引き戻す力

② 静脈血を上へ押し上げる筋ポンプの力

 

まず①について。

人は心臓から動脈を通って血液を体のずみずみまで送ります。そして静脈から再び心臓に戻します。

足先まで送った血液は、重力に逆らって心臓まで戻さないといけないのです。

ここで必要なのは心臓のポンプの力。

病気によって心臓の機能が低くなると、このポンプの力が下がるため、むくみやすくなります。

これは心臓に問題がある場合ですね。今回はそっと横に置いておくといったので、なんで書いているんだ!と一瞬思った方もいるかもしれません。

しかし、そうでなくても心臓のポンプの力が、追いつかなくなる場合があります。

体重が増えた場合です。

体を車に例えると、体は車体、心臓はエンジン。体重が増えるということは、エンジンの大きさは変わらないのに、車体だけ大きくなった状態なのです。

あっぷあっぷしてしまいますよね。

 

②について。

足首の静脈には、80mmHgの圧がかかっていると言われています。

圧が10mmHg上昇すると、静脈内の血液量は6倍に増えます。そのせいで、立っていると足では血管がむくもうとしているのです。

立ち仕事の方がむくみやすいのは、このような理由なのです。

筋肉が発達している方は、筋ポンプ作用が十分にあります。また、筋肉が発達していることで、肌の張りもあるためむくみにくいのです。

しかし、筋肉があっても筋ポンプ作用は低下することもあります。

痛みや、硬さがある場合ですね。

筋肉があるかどうかだけではなく、筋肉がうまく機能しているかどうかも見る必要があるのですね。

 

まず、この2つはきちんと機能していますか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る