着圧ソックスを履いてもむくむ!そんな時に見直したい5つのポイント

むくみが気になる時に使用する、着圧ソックス。

使用しても、足がむくむことはありませんか?

その場合、何かが間違っている可能性があります。

今回は着圧ソックスを選ぶ際に、見直したいポイントについて、ご紹介します。

 

着圧ソックスとは?

 

着圧ソックスとは、弾性力を持ったソックスです。

外から圧迫し壁を作ることで、脚に余分な水分を溜め込まないようにします。

また、壁を作った状態で筋肉を動かす事によるマッサージ効果で、余分な水分を元に戻していきます。

 

着圧ソックス選びの際、見直したい5つのポイント

 

・サイズ

自分に合うサイズを履いていますか?

サイズが合っていないと、締めすぎ、または緩すぎて、適切に圧迫する事ができません。

多くの弾性ソックスは、足首のサイズ、ふくらはぎのサイズで選択します。

正しい位置で脚を計測し、自分に合うサイズを選ぶ事が重要です。

 

・圧の強さ

圧力はどれくらいですか?

圧が弱すぎると、むくみを抑える壁としては不十分です。

立ち仕事が多い、座りっぱなしの仕事などの場合は、20〜30mmHg程度のソックスを履きたいものです。

逆に、圧力が強すぎても血流障害を起こすため、要注意です。

 

・形

どのような形をしていますか?

弾性ソックスの形状は、足首から上端に向かって太くなる形状が良いです。

上端がしまっているものは、膝のすぐ下で締め付けてしまう可能性があります。

 

・生地

どのような生地感ですか?

生地がガサガサと硬いもの、薄いものは皮膚に食い込みやすいです。

食い込みがあると、そこより下にむくみが溜まり易くなります。

生地に弾性があるもの、また厚手のものを選択しましょう。

 

・履き方

履き方はどうですか?

着圧ソックスを履くときは、生地が均一になるように伸ばしましょう。

生地が一ヶ所に溜まった状態になっていると、その部分だけ圧が高くなります。

その結果、部分的に締め付ける事になります。

食い込んでいる時と同様に、締め付けが強い部分より下にむくみが溜まります。

 

まとめ

 

弾性ソックスを履いてもむくむ場合、どこか間違っている部分があります。

今履いている着圧ソックスは、いかがでしたか?

5つの部分を意識すして、着圧ソックスを選択してくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る