リンパ浮腫の弾性着衣、コットン素材の製品を使用するメリット・デメリット

リンパ浮腫になったら使用する、ストッキングやスリーブなどの弾性着衣。

多くは弾性着衣は、ナイロン、ポリウレタンで作られています。

しかし、中にはそれにプラスして、コットン素材のものがあります。

コットン素材の弾性着衣は、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

コットン素材の弾性着衣は、どのように作られているのか

 

コットン素材の弾性着衣は、横糸のポリウレタンにコットンを巻いて作られています。

そのため、肌に当たる部分は100%コットンになります。

 

コットン素材の弾性着衣のメリット

 

肌触りが良い

コットンはきめ細やかな繊維です。

繊維の先端が丸いため、柔らかく肌触りが良いです。

そのため着用して、チクチクすることはありません。

 

汗を吸う

天然素材であるコットンは、吸湿性・吸水性優れています。

 

涼しさを感じる

コットンは吸水性が高く、水分を吸って外に放出します。

その際の気化熱で、衣服内の温度が下がり、涼しく着られます。

 

冬は暖かい

コットンは中が空洞になっているため、熱が放出されにくく、保温性があります。

そのため、冬は暖かく着られます。

 

静電気が溜まりにくい

コットンはプラスの電気を帯びやすいです。

人間の肌も同じように、プラスの電気を帯びやすいです。

互いが持つ電気が近いため、静電気が起こりにくく、肌に優しいといえます。

また、静電気は空気の乾燥によっても、発生しやすくなります。

コットンは繊維そのものの吸湿性・吸水性が高いため、化繊に比べて乾燥しにくく、静電気は起こりにくいです。

 

コットン素材の弾性着衣のデメリット

 

毛羽立ちやすい

着用や、摩擦などによって毛羽立ちやすいです。

黒い弾性着衣の場合、使用することで多少白っぽくなります。

汗が乾きにくい

コットンは汗をかいて生地が濡れると、乾きにくいです。

登山用の着衣に綿素材が使われていないのは、そのためです。

いつまでも濡れた状態になり、敏感肌の場合、汗で肌が痒くなることもあります。

 

コットン素材の弾性着衣を、選択したい時

 

肌が弱く、化繊アレルギーがある場合は、コットン素材の製品を試してみるとよいかと思います。

また、寒い時期に使用するのもおすすめです。

 

注意したい点

 

メーカーによって、含まれるコットンの含有率は違います。

コットン素材の製品を使用しても、肌に刺激を感じる場合は、コットンの含有率が高い製品を選んでみてください。

また、コットン素材は汗を吸いやすいというメリットの反面、乾きにくいというデメリットもあります。

汗をダラダラかきやすい方にとっては、コットン素材は不向きかもしれません。

コットンの含有率が30%以下であれば、乾きやすいと説明しているメーカーもあります。

しかし、化繊と比べると乾きにくさは劣ります。

 

まとめ

 

コットンの一般的な特徴を踏まえて、メリット・デメリットをご紹介しました。

コットンのグレードや、加工方法によって質感や、特徴が変わることもあります。

いまの弾性着衣に不具合を感じる場合は、素材の特徴を考慮するのも選択肢の一つですよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る