イタリア・チゼタ社製「バリサン ファッション」 バツグンの履き心地と通気性。

むくみを予防するために使う、弾性ストッキング。

今回、チゼタ社製「バリサン ファッション」のパンティストッキングを履いてみました。

夕方のむくみが気になる場合、初期のリンパ浮腫の方にオススメです。

バリサンの履き心地、履いてみた感想をご紹介しますね。

目次

形状はどんな感じ?

足首から膝あたりまで、幅の広がりが緩やかになっています。

バリサンファッションには、今回履いたパンティストッキングの他、ストッキング、ハイソックスの3タイプがあります。

圧はどれくらい?

今回履いたのはクラス2です。

圧力はクラス1(18−21mmHg)、クラス2 (23−32mmHg)の2種類あります。

ヒップ周りの形状は?

ヒップは立体的な作りになっています。

圧は弱めですが、あります。

お尻の側面とお尻の腹部分は、それぞれ生地の編み方が変わっています。

お尻の側面は圧があり、お尻の腹部分は圧が弱くなっています。

太ももの付け根と比べると、圧が下がるため、肉がポヨンと出てしまう方もいるかもしれません。

ウエスト部分はどうなってる?

ウエストはややキュッと絞られています。

幅は5cmほど。

ウエストサイズを調整するためのゴムなどは入っていません。

自分でゴムを入れられるような穴も開いていません。

ウエストのサイズ感が合わないと、締め付けてしまう可能性があります。

生地の厚さはどれくらい?

太ももから足先はしっかりした生地感で、手触りは滑らかです。

ヒップ周りは、やや薄手になっています。

色は何種類あるの?

色はラマとブラックの全2色です。

今回はいたのはラマ。

色味的には、少し濃いめのベージュです。

私は肌の色が白いので、若干濃いめに感じました。

素材はなに?

クラス1 ナイロン60%、ポリウレタン40%

クラス2 ナイロン55%、ポリウレタン45%

履き心地はどんな感じ?

生地が脚にフィットします。

1日使用しても、食い込みは特に気になりませんでした。

通気性はよく、気温が低い日に履いたので涼しいくらいです。

まとめ

履き心地が良く、通気性が良いパンティストッキングでした。

色白の私にはやや濃いめに感じましたが、多くの方には合いやすい色味かと思います。

ウエストやヒップ周りのサイズ感が合えば、使用しやすい製品です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

牧原 広実のアバター 牧原 広実 理学療法士、リンパ浮腫保険診療士

愛知県蒲郡市出身。
理学療法士20年目。
リンパ浮腫の患者さんとの出会いをきっかけに、むくみの勉強を始める。
むくみ専門クリニック、弾性着衣メーカーの勤務経験あり。むくみや慢性的な痛みのアプローチが得意。

コメント

コメントする

目次
閉じる