大腿骨頚部骨折の手術前に、脚のむくみを和らげる3つの方法

大腿骨頚部骨折後、骨折した側の足の甲がむくんでパンパンに。

しかしまだ手術前。

脚を思い切り曲げたり、地面に着いて体重をかけることはできません。

そのような場合、どのようにむくみを解消すれば良いのでしょうか?

むくみを和らげるためにできる方法を3つ、ご紹介しますね。

目次

骨折後にむくみが起こる原因は?

骨折後のむくみは、骨折部が炎症することで起こります。

炎症が起こると、毛細血管の壁の隙間が広がり、血管内の水分が血管の外に出ていきます。

その水分が脚に溜まったものが「むくみ」です。

大腿骨頚部骨折の場合、骨折した場所は手術することになります。

しかし、手術が終わるまでは、骨折した側の脚は積極的には動かせません。

そのため、溜まった水分は元に戻りにくい状態です。

手術までに、少しでもむくみを和らげるために、できることはあるのでしょうか?

骨折後のむくみを和らげるためにできる、3つのこと

手術前、少しでもむくみを和らげるためにできることは、3つあります。

自分でもできる方法をご紹介しますね。

脚のリンパマッサージ

リンパの流れを促す事で、脚に溜まった水分を元に戻していきます。

肩回し、腹式呼吸をしたのち、むくんでいる脚のリンパの流れを促します。

リンパマッサージを手術前に行う事で、手術後のむくみが早くひきやすくなったり、傷が治りやすくなるなどの作用があります。

足首の運動

手術前で股関節を動かすことはできなくても、足首を動かすことはできます。

つま先を上にあげたり、下に下げたりすることで、ふくらはぎの筋肉は動きます。

ふくらはぎの筋肉が動くことによるポンプの力で、溜まっている水分を元に戻しやすくします。

脚を高く上げる

水分は低いところに溜まります。

そのため、足先を心臓より高くし、溜まった水分を元に戻します。

クッションや、タオルを折りたたんだものでも構いません。

膝下から足首部分まで、少し高くなるようにします。

まとめ:手術前でも、むくみを和らげることはできます

炎症が起こると、水分が血管の外に出やすくなるため、「むくみ」が強くなります。

本当は骨折による炎症がおさまる事が一番ですが、炎症中でもむくみを和らげるためにできる事はあります。

手術後も必ずむくむので、なるべく水分を溜め込まないようにさせたいですね。

また、余分な水分の溜まりをなくす事で、傷の治りは早くなります。

傷を早く治すためにも、なるべくむくみがない状態にしておきたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

牧原 広実のアバター 牧原 広実 理学療法士、リンパ浮腫保険診療士

愛知県蒲郡市出身。
理学療法士20年目。
リンパ浮腫の患者さんとの出会いをきっかけに、むくみの勉強を始める。
むくみ専門クリニック、弾性着衣メーカーの勤務経験あり。むくみや慢性的な痛みのアプローチが得意。

コメント

コメントする

目次