妊娠中のむくみ予防をする時に注意したい、弾性着衣の選び方

妊娠中はむくみやすくなります。

なぜむくみやすくなるのか?どう対処すればいいのか?は、こちらの記事を参考にしてください。

妊娠中のむくみやだるさを解消するには?

余分な水分は、重力の影響を受け、下に落ちて溜まります。

むくみを解消するための方法の一つ、弾性着衣。

中でも、着圧ソックスを履く方が多いのではないでしょうか?

 

妊娠中、着圧ソックスを選ぶときに注意したいこと

 

市販の着圧ソックスは、素材が化学繊維で、ガサガサした生地感。

このガサガサ感が少しネックになってきます。

なぜなら妊娠中は、体に黒ずみが起こりやすい状態になっているからです。

 

妊娠中、体に黒ずみが起こりやすいのはなぜか?

 

妊娠中は妊娠を維持するため、ホルモンバランスが変化していきます。

特に20週からエストロゲンとプロゲステロンというホルモンは、急激に分泌されます。

それらのホルモンはメラノサイトを刺激するため、メラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなります。

 

実際にあった一例

 

妊娠中、脚のむくみが気になり、リンパドレナージに来られたお客様。

市販の着圧ソックスを履いていたら、足の甲部分が黒ずんできたそう。

使っていた着圧ソックスは、生地がガサガサしたもの。

特に足部分はむくみでサイズ感も合わず、履くときに擦れてしまっていたそう。

それが刺激になってしまったのでしょう。

 

どのような着圧ソックスを選べばよいのか?

 

妊娠中は、肌への刺激により、黒ずみが生じやすい状態。

そのため、生地が滑らかなものを選択するとよいと思います。

装着時に皮膚への刺激になりにくいものですね。

できればコットン素材を含む、肌当たりがよいもの。

医療用のものは、市販のものと比べ倍くらいの値段はしますが、生地は非常に滑らかで、圧もしっかりしています。

 

 

まとめ

 

妊娠中に起こりやすいむくみ。

妊娠中はホルモンの量が変化することで、黒ずみやすくなっている状態。

身に付ける弾性着衣は、皮膚への刺激になりにくいものを選びたいですね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る