リンパ液は詰まるの?血液とリンパの違い。

「リンパって詰まるんですか?」

時々尋ねられることがあります。

血管は血栓ができることがありまよね。リンパも同じように固まりができるのでしょうか?

 

リンパ液の流れについて

 

組織液が毛細リンパ管に入った時点で、リンパ液として流れがスタートします。

そこから太いリンパ管に合流し、リンパ節から体の深部に入り込んで、上方に上がっていきます。

最終的には鎖骨の辺りで、静脈に注ぎ込まれてリンパ液としての流れは終了。

一方通行の流れです。

流れるスピードは非常に遅く、12時間程度かけて静脈に到達します。

 

血液の流れについて

 

血液は、心臓から送り出されます。

動脈から毛細血管を通して、全身の細胞に酸素や栄養を送ります。

そして二酸化炭素や老廃物を、毛細血管から静脈に取り込み、肺に流れていきます。

肺で二酸化炭素を酸素に交換した後、心臓に戻り、再び全身へと送り出されていきます。

体循環は、体を一周するのに40秒ほど。

 

血液は固まる

 

血液は、異物に触れると固まる性質を持っています。

血管が何らかの原因で傷つくと血管内皮の膜が壊れ、血液の固まり=血栓ができやすくなります。

また、長時間同じ姿勢で動かない時も血栓はできやすくなります。

一般的には、エコノミー症候群で耳にしたことがあるかもしれません。

血管内にできた血栓が血管から離れ、肺へ流されると急性肺血栓塞栓症となります。

これは命に関わります。

 

リンパは固まらない

 

リンパ液には、血液と違って固まらせる因子がありません。

液体としてはサラサラしています。

流れはゆっくりでも、リンパ液自体が固まることはありません。

 

リンパドレナージで注意したいこと

 

血栓ができている場合、施術によって血栓が剥がれてしまう可能性があります。

そのため、血栓ができている場合はリンパドレナージを行うことができません。

急にむくみが出てきた場合、原因が深部静脈に血栓ができている可能性もあります。

怪しいなと思った場合は、まず血栓があるかないか、確認してください。

 

まとめ

 

流れは早いけれど、固まることもある血液。

流れはゆっくりだけれど、固まらないリンパ液。

血栓は命に関わるので要注意。

ただし、「リンパが詰まっている」と言われた場合、心配する必要はありません。リンパは固まりませんから。

 

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53
070−5460−2569
 
メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569
 
LINEからの予約が、できます。
友だち追加

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る