落ちこぼれ実習生が体感した、伝え方のポイント

理学療法士は、最後の年に臨床実習というものがあります。

病院や施設で、実際に患者様を見せていただき、評価・治療プログラムを立てていくのです。

私、これが全然できなかったんです。

指導者の先生から、ダメな部分を指摘されていることはわかるのです。ダメっていうことはわかる、でもダメなところをどう直せばよくなるのがわからない。

関節の動く範囲を測ったり、筋力を検査したりなど、検査をすることはできます。ただ、各検査を最終的にどう解釈すればいいのかわからなかったのです。

例えるなら、英単語はわかるけれど、文法がいまいちわかっていない。その状態で、文章作ってって言われているような感じでしょうか。

わからないなりに修正するのですが、肝心なところが理解できていないため、またやり直しの繰り返し。

これではうまく行くわけないですよね。

 

あまりにダメダメだったので、補修実習をすることになりました。1日×3箇所です。

それも同じことの繰り返し。

レポートのフィードバックをされているとき、先生の声は聞こえます。ただ、先生が話している内容が理解できないのです。

先生が宇宙人にしか見えない。

私は向いていないんだな・・・と正直あきらめていました。

 

2ヶ所目にいったところで、患者さんを見せてもらうときのこと。

先生から、30分くらいで評価してと言われました。いままでは、何日も時間をもらって少しづつ行ってきたことを30分で。

ひとまず、できるところまではやりました。でも、全部終わりませんでした。

そこで先生から言われたこと。

「この人の希望はなんだったの?いまそれができないのは、どこが問題だから?」

「例えば、足が痛くて歩けないって言ってる人に対して、君は肩の可動域を測るの?」

 

検査をすることに一生懸命で、なぜその検査が必要かを、全く考えていなかったのです。

目的を持って検査をしていなかったので、材料ばかり集まったとき、どうまとめていいのかわからなかったというわけ。

 

そういうことか!

 

いま思うと、自分でもアホだなーと感じます。

どうしてそこわかってなかったの?って思う人もいますよね。

もしかしたら、他の先生も同じようなことを言っていたかもしれません。でも、言っている意味が理解できたのは、この先生だけでした。

 

アドバイスは誰から、どのタイミングで、どんな言葉でされるかで、理解度が変わってきます。

伝える側が、相手がまず何がわかっていないのかを把握すること。

その人に伝わりやすい言葉、タイミング、相手が理解しているかなど意識すると、もっと伝わりやすくなります。

 

私は、言ってた意味がようやくわかった!と、2年くらい経過して腑に落ちることがいまだにあります。

このように、伝わる側の問題も多分にありますが・・・。

 

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53
070−5460−2569
 
メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569
 
LINEからの予約が、できます。
友だち追加

 

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る