名前の間違いに対する考え方

私の名前は

牧原広実

です。

なにを突然・・・と思われる方もいますよね。

この名前、間違えられることが非常に多い。

医療機関と銀行、市役所以外は、間違わない方が珍しいくらいの頻度で間違われます。

小さい頃から頻繁に間違われるので、もうさすがに慣れています。

ただ、取引先の業者からの宛名や、結婚式の招待状で間違えられていると、正直少し萎えます。

自分の周りにも、名前を間違えられることがある!というエピソードを聞くことがあるので、そこまで珍しいことではないのかもしれません。

 

間違えられるパターン

 

ちなみに、よく間違えられるのは

牧原広美

「実」が「美」になってしまうパターン。

王道の間違いです。

さらに

牧原宏美

「広」が「宏」、「実」が「実」になってしまうパターン。

これも時々あります。

牧野宏美

こうなってくると、もはや誰なのかわかりません。

逆にこの間違いっぷりが、清々しく思えてきたりします。

 

名前を間違えられた時の対処法

 

ちなみに、自分が名前を間違えられた時の対応法。

・間違えられたままだと困る場合(領収書などの関係上)

・これからもおつきあいしていきたい相手

これらの場合は訂正します。

それ以外は、そのままスルーします。

私の場合、名前を間違えられなかった!ということはかなり珍しい。

そのため、間違えなかった方に対しては、かなり好印象をもちます。

 

名前が違うという違和感

 

以前、いつもメルマガを読ませてもらっている方から、とある方とコラポセミナーをやる、という案内がありました。

その内容を見ていて、違和感を感じた部分が一箇所。

コラボする方の名前が、間違っていたのです。

たまたま双方のメルマガを読んでいたので、すぐ気付きました。他人が見ても、名前が間違っているのって気になるものですね。

自分が人の名前を記載する時は、かなり注意して見直します。

それでも間違えてしまったことが以前あります。これを思うと、さらさらっと記載した時は、間違える確率が高くなりますよね。

 

これを見て諦めました

 

先日、姉から郵便が届きました。

王道の間違いパターン!

これを見た瞬間、「名前間違えられるのは仕方ない!」

そんな気持ちになりました。

家族でもこんなものです。

 

まとめ

 

たかが名前、されど名前。

名前を間違えたこと、間違えられたこと、誰にでもあるはず。

名前をきちんと書くということは、当たり前のようだけれど、意外にできていないのだ。

「私は牧原広実だ!」

最後は園子温っぽく、魂の叫びで締めたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る