リンパドレナージが、不眠に作用する理由

病気で不安が強く、なかなか夜眠ることができない。

数時間眠るけれど、なんだか疲れがスッキリしない、なんて感じたことはありませんか?

よく眠るだけで、体も心も元気な方に向かっていきます。

 

睡眠を妨げる要因

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経からなっています。

昼間は交感神経が働き活動し、夜は副交感神経が働くことで眠りにつきます。

この2つの神経はシーソーのように、お互いバランスを取り合っているのです。

しかし、緊張状態が続いていると、夜になっても交感神経が働いたままになり、眠りにくい状態になります。

 

また、ストレスを受けると、体内でストレスホルモンが分泌されます。

ストレスホルモンは睡眠を抑える働きがあるため、不眠を引き起こしやすくなります。

 

睡眠時、体に起こること

 

眠りについた3時間ほどの間、体の中では成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンには、

  • 免疫力の向上
  • 疲労回復
  • 体の修復
  • 脂肪分解の促進

などの働きがあります。

また、目覚める直前には、コルチゾールが分泌されます。これによって、ストレスに対する準備がされます。

十分な睡眠がとれていると、ストレスにも強くなるのです。

 

このように眠っている間、前半と後半で異なるホルモンが分泌され、健康を保っているのです。

 

リンパドレナージが不眠に作用する理由

 

リンパドレナージには、交感神経を鎮静させる作用があります。

一定のリズムで緩やかに行われるリンパドレナージは、リラックス作用が非常に強いのです。

8割の方は施術中入眠されます。顔・頭の施術を行った場合、入眠される方は100%になります。

それくらいリラックス作用が強いのです。

 

また、そのときだけではなく、夜も寝られるようになっていきます。

 

乳がん治療のことで、不眠になっていた女性の例

 

乳がんの治療のことで、今後に対する不安が強く、夜眠れなかった女性

表情が乏しく、顔色もどんよりしていましたが、3回目に来られたときには別人のように表情が変わっていました。

 

「表情が生き生きしてきましたね!」

 

とお伝えしたら

わかります!?牧原さんにやってもらってから、寝れて寝れて!本当によく眠れるようになったんです。

寝るのって、やっぱり大事なんですね。

今日は腕をやってもらうのも、楽しみにしてきたんです!

 

今まで、最寄り駅から当院に来るまで歩いて6分のところ、タクシーを使っていましたが、徒歩で通うようになりました。

 

まとめ

 

眠れるようになっただけで、まるで人が変わったように、生き生きされる場合もあります。

副交感神経が十分に働けず、夜眠れない場合は、リンパドレナージを試してみると変化するかもしれませんよ。

 

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53070−5460−2569
メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569LINEからの予約が、できます。
友だち追加

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る