リンパドレナージの適切な頻度は?

リンパドレナージはどれくらいの頻度で行えばいいのか、と質問されることがあります。

確かに、どれくらいの頻度で通えばいいのか迷いますよね。

本日は、リンパドレナージの頻度について考えてみます。

 

むくみとはどのような状態か?

 

むくみとは、皮膚の下に余分な水分や老廃物が、溜まっている状態のことをいいます。

余分な水分が溜まることで体は重だるくなり、見た目的にもぽちゃっと太ったように見えます。

体の中では、余分な水分が溜まることで、血管と細胞の間が広がります。

その結果、血液からの栄養の受け渡しや、老廃物の回収などがスムーズにいきにくくなります。

 

体の中にある水分の性質とは?

 

私たちの体の中は、組織液という体液で満たされています。

組織液は、動かない状態が続くと、固まって、非常に動きにくくなります。

しかし、一旦動き始めるとまた液体に戻り、動きやすくなります。そして、再び動かなくなると、また固まります。

この性質をチキソトロピーと言います。

これって何かと似ていますよね・・・。

そう、蜂蜜に似ています。

 

リンパドレナージのアプローチ

 

リンパドレナージは、セラピストの温かい手を使って、ゆっくり皮膚を動かしていきます。

オイルなどは一切使用せず、素手で行います。

むくんでいる部分は、ゆっくり、何度も何度も動かします。

そうすることで、固くなってしまった組織液が液体状になり、リンパ管の中に入りこみやすくなります。

しかし、間が空いてしまうと、せっかくサラサラと流れるようになったものが、また戻ってしまうのです。

 

リンパドレナージの頻度について

 

体液の性質を考えると、なるべく近い頻度で行ったほうが効果的。

はじめは、毎日でもよいくらい。でもそれは、なかなか難しいことが多い。

そのため、できれば2〜3日後に来ていただくのをオススメしています。

なるべくいい状態をた保つために、ご自身でもセルフケアを行うと、より変化がでやすいですよ。

 

まとめ

 

体液の性質からみた、リンパドレナージの頻度についてご紹介しました。

単純にリラックスが目的であれば、頻度は気にしなくても良いかもしれません。

しかし、リンパドレナージのもつ、余分な水分を流す、老廃物を流すなどの作用を目的にするのであれば、なるべく短い期間で行うと、変化を感じやすいですよ。

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53
070−5460−2569

メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569

LINEからの予約が、できます。
友だち追加

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る