アルツハイマーの危険因子に対する、リンパドレナージの作用について

アルツハイマーと聞くと、どのようなイメージがありますか?

「私の頭の中の消しゴム」という韓国映画を見た方は、なんとなくイメージが湧くかもしれません。

ヒロインが、若年性アルツハイマーに侵されるのです。

徐々に記憶が消えていき、自分の夫の事もわからなくなり、トイレの仕方がわからずおもらしするなどが、描かれていました。

「肉体的な死よりも、精神的な死が先に訪れる病気」

と、主治医は伝えています。

 

アルツハイマーには、どのような症状があるのか?

 

1.日常生活に支障をきたすほど記憶力が落ちる

例)大切な予定を覚えていない

2.計画や問題解決ができなくなる

例)月々の支払の手順がわからなくなる

3.慣れた作業も普段どおり行えない

例)いつも楽しんでいたゲームのルールを忘れる

4.時間や場所などがわからなくなり混乱する

例)日付や曜日、季節がわからない

5.視覚による判断、空間認識ができなくなる

例)距離感が判断できなかったり、色の濃淡がわからなくなる

6.話すことや書くことがうまくできなくなる

例)会話が続けられなくなる、言葉につまる

7.物を置き忘れ、そのことを思い出せない

例)いつもとは違うところにしまってしまい、探せない

8.判断力が低下する

例)勧誘の電話に大金を払う

9.仕事や社交の場・趣味を避けるようになる

例)応援していたスポーツチームに興味を失う

10.気分や人格に変化が生じる

例)落ち込んだり不安になったり、イライラする

引用:認知症ねっと

 

アルツハイマーの原因として、考えられていること

 

アルツハイマーの原因は、特定なタンパク質により、神経細胞が破壊されることだと言われています。

脳にアミロイドβペプチドというたんぱく質が、蓄積すると老人斑となり、神経細胞が壊れて死んでいくのです。

それにより、認知機能に障害が起こると考えられています。

ただし、中には老人斑や神経原線維変化がたくさんあっても、症状が出ない人もいます。

現段階ではアルツハイマーの「原因」ではなく、あくまでも「結果」です。

 

アルツハイマー予防に対して、リンパドレナージでできること

 

アミロイドβは睡眠制限がある事で、脳内に溜まりやすくなります。逆に睡眠をとる事で、アミロイドβの沈着率は下がります。

リンパドレナージを行うと、不眠傾向だった方が、眠れるようになってきます。

眠る事によって、アミロイドβが溜まる事を防ぐ事ができます。

また、それにプラスして頭蓋に対してアプローチすることでも、脳脊髄液の流れを促し、脳の老廃物を排出できます。

 

まとめ

 

いろいろな症状を引きおこす、アルツハイマー病。

治療法はまだ確立できていません。

十分な睡眠をとり体自身の回復力を高める事、体の中を流れる水分の流れを促す事で、少しでもリスクを減らせるといいですね。

 

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53
070−5460−2569
 
メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569
 
LINEからの予約が、できます。
友だち追加

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る