オストメイトのリンパ浮腫の場合、提案する弾性着衣について

オストメイトがリンパ浮腫を発症した場合も、通常のリンパ浮腫の場合と同じように圧迫が必要になります。

 

オストメイトとは?

がんや事故などにより、消化管や尿管が損なわれたため、腹部などに排泄のための開口部(ストーマ)を増設した人のことを言う。

Wikipediaより

 

オストメイトの場合、弾性着衣を選ぶときに、どのような選択肢があるのでしょうか?

2つのポイントに分けて考えていきます。

 

オストメイトの弾性着衣、選択のポイント

 

・形状の選択

・仕様の工夫

 

形状の選択について

 

ストッキング丈のものを選ぶ

太ももの付け根までの、弾性着衣を選択するという方法です。

足だけにむくみが出ている方は、この選択でよいかと思います。

ただ、シリコンによるかぶれ、足の形状によってはずり落ちなどがあるので、その辺りは考慮してくださいね。

 

片脚ストッキングを選ぶ

こちらはウエストをベルトで巻いて固定するタイプです。

ストッキング丈の製品よりも、ずり落ちにくいというメリットがあります。

製品や、ストーマの位置によっては生地部分があたってしまうこともあります。位置と、製品の確認が必要です。

 

ただ、臀部や腹部も圧をかけたい場合、お腹やお尻まで生地のあるパンティストッキングタイプを選択したくなりますよね。でも、パンストだと生地がストーマにかぶってしまう・・・。

 

パンストを使用したい方は、このような仕様の工夫があります。

 

仕様の工夫

 

お腹周りが広く開いている仕様のものを使用する。

お腹部分が大きく開いている仕様になっているものです。

お腹部分は圧迫することはできませんが、お尻部分はカバーできます。

 

お腹部分に、穴を開ける加工をする。

メーカーによっては、ストーマの位置に合わせて、既製品の製品にオプションで穴を開けることができます。

丸編みは難しく、平編みで可能です。

 

お腹部分に、U字型に穴をあける加工をする

こちらもストーマの位置に合わせて、既製品にオプションで穴を開けることができます。

平編みで可能です。

 

既製品の股上を短くする

お腹部分の丈を、ストーマよりも下方に設定します。

ストーマの位置によりますが、比較的上の方であれば、既製品を加工して作ることができます。

海外の方は、お尻が大きいので、お腹側の丈を短くしてもお尻で引っかかりますが、お尻の小さい場合は不向きかもしれません。

 

どこのメーカーで購入できるの?

 

カスタムオーダーであれば2社。

・メディ

・日本リンパ浮腫サポートセンター

 

日本リンパ浮腫サポートセンターは、既製品にオプション料金をプラスして加工することができます。

 

まとめ

 

オストメイトの場合でも、工夫すればパンティストッキングを履くことができます。

お尻やお腹部分も圧迫したい場合は、諦めずに相談してくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る