自宅でも正しいケアができるようになる、リンパ浮腫セルフケア勉強会

リンパ浮腫の場合、リンパドレナージだけではなく、自分でもケアしていく必要があります。

自宅でも、セルフケアが、できるようになれたら嬉しいですよね。

どうしてむくむのか?どうすればいいのか?がわかると、自分でもやってみよう!という気持ちになるのです。

少人数制で行うので、

「やり方を忘れてしまった」

「強さがこれでいいのか心配」

という方も、みっちり相談して、わからなかったことを解決できますよ。

また、同じような症状をお持ちの方同士、リンパ浮腫についての情報も共有できるのです。

お話することで、新しい発見などもありますよ。

講師

・牧原広実


 

メディケア リンパセンター代表  理学療法士、リンパ浮腫セラピスト

リンパ機能だけではなく、筋肉や内臓にもアプローチをすることで、体そのものを元気にしていく施術をしている。
整形外科勤務経験より、痛みの緩和や、体力低下などのリハビリテーション面にも対応可能。
話しているだけで、気持ちが楽になったと言われることも多い。
むくみ専門クリニック、弾性着衣メーカーでも勤務し、お客様に、よりよい提案ができるように日々精進している。

セルフケアについて知ると、どうなるのでしょう?

まず、自分でケアすることの必要性を、理解することができます。どうしてやるのか、わからないと、モチベーションも上がりにくいですよね。

また、ドレナージをどのような手順で行うのか、知ることができます。手術した病院で教えてもらわなかった方も、教えてもらったけれど忘れてしまった方も、方法、強さなどを実際に確認できます。

そして、終了後にはお話会があります。同じような症状を持った方と情報を共有することで、生きた意見を知ることができます。

リンパ浮腫セルフケア勉強会に参加すると

・セルフケアの必要な理由がわかり、モチベーションが上がります
・ドレナージの強さや方法を実際に確認でき、その日からすぐ、できるようになります
・情報をシェアすることで、気持ちが軽くなります

セルフケアは、自分の体の状態を確認することができます。

そうすると、むくみの変化に、早めに対処することができるのですね。

むくみの悪化を、防ぐことができます。

セルフケア指導を受けた方からは、このようなお声を頂いています。

少しご紹介しますね。

ふわふわと気持ちがいいですね。

自分で行っていたマッサージはだんだん強くなっていたみたいです。

ここにくると自分のやり方がリセットされる気がします。

 

病院で看護師さんに教わったけど、どうやるのか忘れちゃって(笑)

こんな軽い力でいいんですね!もっと強くやっていました。

簡単バージョンならできそう。夫にも教えます!

 

リンパドレナージをしてもらうのと、セルフドレナージの指導をしていただき、むくみが徐々に戻っていきました。

人前でも気にせず右手を使えるようになりました。

 

セルフマッサージはこれでいいのかなーと思いつつ、あまり変化がみられなかったので続けられませんでした。

きちんと原因を教えてもらい、アドバイスをもらえたので納得して自宅でのケアを続けられます。

 

むくみの仕組みを理解したうえで、セルフドレナージの方法を学ぶと、理解度が高まります。

納得してセルフケアができるようになりますよ。

内容
・ むくみについての基礎知識
むくみはなぜ起こるのか? ドレナージの方法について
・ 実践
実際にセルフドレナージを行っていきます。
・ 弾性着衣についての考え方

日時:2017年9月18日(月) 13:00〜15:00
場所:メディケアリンパセンター (西武多摩川線 多磨駅 徒歩6分)
会費:2000円
参加について:がんの術後のリンパ浮腫、一次性のリンパ浮腫の方
人数:4名程度

セミナー後はシェア会(という名のおしゃべり会)します。

※主に下肢リンパ浮腫についてのお話しになります。 実際にドレナージを行うので、動きやすい服装もしくはお着替えをお持ちください。

お申し込みはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る