妊娠中のむくみケアに対する考え方

妊娠中に脚のむくみが気になって来られたお客様から、無事お腹にいた子を出産したという報告がありました。

年齢が上がるほど、出産までの壁は高くなります。妊娠するまでの壁、妊娠を維持する壁、出産の壁。

それらの壁を無事乗り越え、出産が終わった報告を受けると本当に嬉しくなります。

 

誰にでも起こりうる、妊娠中のむくみ

こちらのお客様が初めて来られた時は、両脚のむくみがひどい状態でした。

お腹が大きくなるにつれ、脚のむくみが強くなり、一晩寝ても、着圧ソックスを履いても、ご主人にマッサージをしてもらっても、良くならないとのことでした。

妊娠中は通常に比べ、体がむくみやすい状態になっています。

なぜむくみやすいのか、どうすればむくみを和らげることができるのかはこちらの記事を参考にしてくださいね。

妊娠中のむくみやだるさを解消するには?

 

妊娠中のむくみをよくするには?

妊娠中のむくみの場合、むくみが解決する一番よい方法は、出産することなのです。

とはいっても、出産するまでの脚のむくみや、だるさはなんとかしたいですよね。

出産するまでの、むくみや、だるさを、なんとかしたい場合は、リンパドレナージが助けになります。

ソフトでゆったりしたタッチは、むくみの緩和だけではなく、深いリラックスを得ることもできますよ。

 

むくみケアに対して、こう思っていませんか?

リンパドレナージはあくまでも、むくみを和らげる助けになるだけ。一度施術をしたからといって、全てが解決できるわけではありません。

血液は常に体の中を巡っています。

リンパドレナージでは、今溜まっている余分な水分を流すことはできます。ただし、むくみを生じさせている原因が解消されない限り、新たにむくみは生産されていきます。

 

むくみケアの考え方

リンパドレナージをして終了ではありません。

加えて、着圧ソックスでの圧迫や、圧迫下での運動、自宅でのセルフケアも合わせて行っていきます。そうすることで、すっきりした脚が長持ちします。

施術と維持は、分けて考えてくださいね。

 

まとめ

妊娠中のむくみを解決できる一番の方法は、出産することです。

私たちは、むくみを和らげるお手伝いをするだけなのです。それに加えて、自己管理をすることで、むくみを抑えることはできます。

 

さて、こちらのお客さま。出産を終えて、脚のむくみは妊娠前のように、元どおりになったそうですよ。

 

府中市のリンパドレナージ
「メディケア リンパセンター」
営業時間 9:00~21:00(最終受付19:30)
水・金定休
東京都府中市紅葉丘3−47−53
070−5460−2569
メニュー
アクセス
お客様の声
お問い合わせフォーム
070−5460−2569

LINEからの予約が、できます。
友だち追加

 

府中市紅葉丘、朝日町、白糸台、三鷹市、武蔵野市、武蔵境、多磨、武蔵野台、千葉県、群馬県、神奈川県、海外などからお越しいただいています。

全身・部分コース、リンパ浮腫コースなどが有り、立ち仕事、抗がん剤治療のむくみ、リンパ浮腫に対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る